ももちどり

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

11月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/11/16 (Thu) 11:52:53

昨夜の「シルキースィーツ」はレンジでチンだけで、とっても美味しかったです。
「寒月」という林檎も初めて食べました♪

病室を抜け出し真夜の十六夜
不織布のマスク病院横行す
光さす白い息はく乳しぼり
イルミネーション少し下げらるるマスク

鍵盤のフェルト火の色神無月
石蕗の黄のしづけさ柩閉ぢし音
鼻眼鏡マスクの中でたぎる息
丸き背の夫婦冬めくイートイン

次々とマスクの人のコンビニに
マスクして大きなことを言つてをり
若者や鎧となりし大マスク
人に倦みマスクしてゆく会議かな

風花や戦に散りし人の文字
マスクとり声からからの彼女かな
何も語らぬマスク饒舌な目
少年の集団暴走冬銀河

遺骨持つ老母空港冬入日
映画館おもむろにマスク外しをり
菊香り菊人形もお疲れか
マスクして決起集会四つ辻に

駅名を確かめ眠る白マスク
蔵書印の紅葉の色や冬ぬくし
満月や空近くなる光の夜
柱影盗み聞きするマスクかな

丁寧にマスクの皺の伸ばされり
眼で合図ナースのマスク注射針
落ちるともなくさ迷ふて木の葉雨
マフラーの巻かれしギターケースかな

病む昼のマスクうつむく商店街
マスクして声かけづらい寒さかな
枯菊を踏み敷く赤き耕耘機
からつぽの頭の愉し毛糸編む

ひさしぶりのあんこちゃん、けんじさんの参加ありがとうございます。
おかげさまで楽しい時間が過ごせました。
選句よろしくお願いいたします。

次回は12月20日(水)で兼題は「おでん」です。

Re: 11月のまほろば句会 - あんこ

2017/11/21 (Tue) 19:09:38

久しぶりに参加させていただきました。
よろしくお願いします。

〇病室を抜け出し真夜の十六夜
遅い月をひとりじめでしょうか。少し切ない。

◎丸き背の夫婦冬めくイートイン
丸き背の風景から入って、さりげない季語と描写がよかったです。

〇眼で合図ナースのマスク注射針
こちらは同じ病院でも、どことなくユーモラス。

〇枯菊を踏み敷く赤き耕耘機
枯菊からの反転の色が鮮やかです。

〇からつぽの頭の愉し毛糸編む
こういう楽しい句はいいですね。季語もぴったり。

Re: 11月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/11/23 (Thu) 10:10:01

あんこちゃん、お忙しい中ありがとうございます。
今朝は雨で冬紅葉の赤がきれいです。

○鼻眼鏡マスクの中でたぎる息
 本人は眼鏡が曇ったりして大変なのでしょうがなんとなくユーモラス。

○人に倦みマスクしてゆく会議かな
 要職にいて会議、会議と忙しい人なのかな~。

◎駅名を確かめ眠る白マスク
 こういう人1車輌に必ずひとりふたりいるような気がします。「うん、いるいる」といった感じの日常のひとコマを見逃さず句にしたところがすごいと思いました。

○満月や空近くなる光の夜
 あ~きれいな夜だったんだろうなと思わず採りました。
空近くなる・・・は満月の夜の説明かな~と思い始めました。反転して
聖樹かな空遠くなる光の夜 なんちゃって。

○枯菊を踏み敷く赤き耕耘機
 稲も刈り取られた枯色の景の中赤くて堅いマシンが音を立てて作業。存在感ありです。

10月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/10/26 (Thu) 06:55:28

道造の一部屋の家水引草
雨雲の一瞬ななかまど真つ赤
山紅葉せんこうたてて墓閉じる
ゆうるりと宮さまかへで紅葉す

紅葉狩り大枝小枝にけもの道
ちちとははおなじ字かさね冬どなり
黄落の森のチルチル・ミチルかな
オスプレイ相馬原は草紅葉

県境を覆ひ尽くせり草紅葉
早紅葉山火事ひとつ見えにけり
たあいない話へ紅葉且つ散れり
十月のゴンドラ風を鳴らしけり

月の夜裏山だれかいるようだ
幾星霜櫻紅葉や金次郎
化かされて紅葉の道をぐるぐると
陶製のダルメシアンや蔦紅葉

草の実の付きし背中や誹謗のごと
廃校の欅の大樹小鳥来る
今朝の月百五十日豚出荷
冬の虹母去る里を包みけり

村なべて夕陽に溶ける紅葉かな
ちょちょんのぱ紅葉散るなり野のいで湯

昨夜の投句作品です。
数が少なくて寂しいですが選句よろしくお願いたします。

Re: 10月のまほろば句会 - りょう

2017/11/01 (Wed) 20:35:44

11月がやって来ました。天高く馬肥ゆる秋は通過してしまったような・・。先日榛名山へ行って来ましたと知人から満天星の見事な紅葉写真が送られてきました。7日は立冬です~。
選句しました。

○ゆうるりと宮さまかへで紅葉す
ゆうるりと中七が良い関係に効いている。

○十月のゴンドラ風を鳴らしけり
ゴンドラから風が生まれてきたような明るい十月の空が見える。

○廃校の欅の大樹小鳥来る
子供達が居なくなっても大欅は残り今年も小鳥がやって来た。淋しさの中の明るい営み。

○冬の虹母去る里を包みけり
ちょっと切ない感じにひかれました。

◎早紅葉山火事ひとつ見えにけり
下五に言い過ぎ感があるが早紅葉と山火事の取り合わせが良い遠くの煙が見えて来る。


Re: 10月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/11/02 (Thu) 15:31:08

良さん選句ありがとうございます。
ここのところようやく秋らしいしづかな日が続いています。
でももうすぐ立冬ですか~。

もなか選

○県境を覆ひ尽くせり草紅葉
草紅葉と言ったら尾瀬の草紅葉、一度見に行きたいです。
群馬、新潟、福島と三つの県にまたがる尾瀬。
どこも隔たりなく平等に美しい紅葉に覆われているのですね。

○陶製のダルメシアンや蔦紅葉
陶製のダルと蔦紅葉の質感の対比が好きです。固いものと柔らかいもの、だけどどっちともつやつやした感じ。
おしゃれな句と思いました。

○冬の虹母去る里を包みけり
「去る」が解りにくいというか解るのだけど違う言葉のほうがよいような気がしましたが、切なく美しい景が見えていただきました。

○村なべて夕陽にとける紅葉かな
抒情的で美しい句。思わず採ってしまいました。

◎たあいない話へ紅葉且つ散れり
静かな昼下りのふたり、たぶん姉妹。
静かな時間を楽しんでいるふたりに真っ赤な紅葉が時々散って二人の話を伴奏するかのよう。

次回のまほろば句会は11月15日(水)です。
兼題は「マスク」。ちょっと難しいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Re: 10月のまほろば句会 紫泥

2017/11/03 (Fri) 17:11:21

 お世話になりました。昨夕、散歩の途中、秋の落日、明日満月の透明な月、二機ずつ4組の米軍機の飛行機雲、自衛隊のヘリコプター、すじ雲、荒船山や金鶏山、妙義から浅間、榛名にかけて燃えるような夕焼け、夕日に映える人家と柿の実、足下の稲田やコンバイン、小菊などなど、自然と人間の営為に圧倒されましたが、一句もできませんでした。選句、次の通りです。
〇道造の一部屋の家水引草
 立原道造のことは、名前を知っているくらいで、何も知りませんでしたが、何となく詩人と「一部屋」、「水引草」が似合っていると思い込み選びました。数日後たまたま、『詩人の死』という本を読んでいたら、道造の詩に「水引草」が出ていたので、びっくりしました。
〇たあいない話へ紅葉且つ散れり
 「且つ」は副詞として用いたのだと思いますが、この意味曖昧な副詞が、「紅葉散る」の間に挟まることにより、「たあいない話」と共鳴し、想像の世界が広がっていくように思い選びました。
〇今朝の月百五十日豚出荷
 養豚を経験した人か、よく知っている人でないと作れない句と思いました。生き物を育て売る悲哀、餌代と収入の銭勘定、因果なことですが、人間の宿命のようなものが詠まれていると感じました。
◎草の実の付きし背中や誹謗のごと
 下五が破調で、「誹謗」が従来の俳句ではなかなか使えない言葉だと思ったのですが、その「冒険」に魅了されました。「誹謗」という言葉が、背中にまでとりついて離れない草の実のしつこさだけでなく、本来の「誹謗」の意味も匂わせているところに惹かれました。

Re: 10月のまほろば句会 紫泥

2017/11/03 (Fri) 17:21:38

 すみません一つ抜けました。
〇冬の虹母去る里を包みけり
 「冬の虹」の微妙な冷たさ「包みけり」の暖かさの対比がいいなと思いました。亡き母への思いがしんみりと伝わってきました。

Re: 10月のまほろば句会 - 智水

2017/11/09 (Thu) 20:05:42

忙しい10月でした。おまけに雨ばかりで、稲刈りの都合が延び延びになってしまい、気を揉むばかり。週末毎の地域の行事も雨、雨、雨で対応に大わらわ。やっと落ち着いてきたところです。句会の日は風邪もひいていて、最悪の状態でした。
みなさんも気をつけてくださいね。以下、選句です。

智水選

○雨雲の一瞬ななかまど真つ赤
○ゆうるりと宮さまかへで紅葉す
○月の夜裏山だれかいるようだ
○陶製のダルメシアンや蔦紅葉
◎村なべて夕陽に溶ける紅葉かな

まひる選

◎雨雲の一瞬ななかまど真つ赤
○ゆうるりと宮さまかへで紅葉す
○十月のゴンドラ風を鳴らしけり
○月の夜裏山だれかいるようだ
○村なべて夕陽に溶ける紅葉かな

ひろ選

○ちちとははおなじ字かさね冬どなり
○県境を覆ひ尽くせり草紅葉
○草の実の付きし背中や誹謗のごと
◎冬の虹母去る里を包みけり
○村なべて夕陽に溶ける紅葉かな

9月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/09/21 (Thu) 10:24:55

猫の目を三角にせりちちろ虫
トンボ群れなかにはいつて笑顔なり
こおろぎのじつとしてゐぬ訪問者
曼珠沙華りりりりりりと体温計

桐一葉出征愛馬菩提塔
こほろぎのビールケースや闇深し
母尋ぬ花咲く里にちちろ鳴く
かまどコオロギ闇のなかへひきこんで

こおろぎの姿なきまま闇の主
芝おほふ円墳一歩ごと蝗虫
ブルーナの絵本の形や草の花
保育所に隣る古墳やちちろ虫

ちちろ虫ここまでおいで夜の水
ダウンするボクサーの目や秋夕焼
蟋蟀に雪隠俳句といはれけり
ほおずきや少女笑顔で登校す

真夜中の深き群青星月夜
子の家の留守電音声つづれさせ
秋の川石投げつづけゐるふたり
跳ねていけ残りわずかをちちろ虫

星月夜眠れぬ夜を数へけり
二百十度視界良好秋登山
稗を抜く顔ギザギザのうらめしや
赤城嶺や夕日押し寄す稲の秋

蟋蟀や雨に過ぎたる三連休
真夜中のドアの気配やちちろ虫
深呼吸肺のすみまで秋の風
馬追のアンドウトロア子等駆ける

あんこちゃん、けんじさん、やすみさんがお休みで28句です。
昨夜も採りたての酢橘をごちそうさまでした。
句会終了後のまほろばは蟋蟀の美しい音に包まれていました。

次回は10月25日(水)で 兼題は「紅葉」です。
またよろしくお願いいたします。

Re: 9月のまほろば句会 - りょう

2017/09/21 (Thu) 19:57:38

この秋一番の爽やかな秋晴れの日でした。いよいよ秋本番実りの秋、味覚の秋ですねー。変な台風が来ないことを祈ります。
爽やかさに元気を貰い選句しました。

○桐一葉出征愛馬菩提塔
全部漢字で上手く納め季語が良いと思いました。

○保育所に隣る古墳やちちろ虫
保育所と古墳の取り合わせが面白い。ちちろ虫が両方に寄り添っている感じがします。

○ダウンするボクサーの目や秋夕焼
ボクサ-の目という焦点と鮮やかな秋夕焼が映画のワンシ-ンのような。ボクサ-には美しい夕焼は見えていないのですよねー。

○秋の川石投げつづけゐるふたり
秋の川とふたりが良かった。

◎真夜中のドアの気配やちちろ虫
上五中七が魅力的、季語も気配の想像を膨くらませて効果的と思いました。

Re: 9月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/09/24 (Sun) 14:14:58

りょうさん、さっそくの選句をありがとうございます。
昨日は久しぶりの東京で疲れて帰ってきました。
心をこちらに戻し選句します。

○ダウンするボクサーの目や秋夕焼
 秋夕焼の物悲しさと美しさがダウンするボクサーをやさしく包んでくれそうな気がします。
 今、歳時記で「俎に流す血黒し秋夕焼 桂信子」と言う句を見つけました。
全然違う句ですが、同じ視点と言うかどこか共通点があるような気がしました。
むしろこちらのほうがスケールが大きいかも。
佳句と思います。

○蟋蟀に雪隠俳句といはれけり
 雪隠俳句が面白くていただきました。

○星月夜眠れぬ夜を数へけり
 「夜を数へけり」という言い回しに魅力を感じました。

○真夜中のドアの気配やちちろ虫
 やはり「ドアの気配」が的確な表現だったのですね。

◎曼珠沙華りりりりりりと体温計
 「りりりりりり」が好きです。
曼珠沙華の妖艶な感じが日日、体温計をお持ちのちょっと病弱で美しい人を想像しました。
でもりりりりりの明るさがそんなに心配するほどでもない気もします。

Re: 9月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/09/24 (Sun) 15:19:44

訂正と言うか付け足します。

 ダウンするボクサーの目や秋夕焼

もちろん、こちらの句のほうがスケールが大きて・・・ という意味です。
読み返したらちょっと変だったので訂正します。

Re: 9月のまほろば句会 紫泥

2017/09/29 (Fri) 21:46:44

おせわになりました。やっと秋らしい天候になりましたが、庭の卯の花が狂い咲きをしています。選句次の通りです。

〇ブルーナの絵本の形や草の花
 福永武彦の『草の花』を思い出したからでしょうか、具体的な景はよくわからなかったけれど、何となく透明感を感じて選びました。
〇保育所に隣る古墳やちちろ虫
 園児が帰り、喧噪が消えた後のちちろ虫とは思いませんでしたが、古墳とちちろ虫の取り合わせがいいと思いました。
〇跳ねていけ残りわずかをちちろ虫
 もう跳ねられないけれど、何だか自分の人生に重ねてしまったようです。「応援ありがとう」と思ってしまった。
〇真夜中のドアの気配やちちろ虫
 「ドアの気配」が意味不明のところがいい。それでも何となく分かるというのが俳句の妙味のような気がしました。
◎深呼吸肺のすみまで秋の風
 田舎住まいの私は、季節を問わず、息苦しい気分になると夜の庭で深呼吸をすることがしばしば。作者には失礼だけれど、特に工夫もない平凡な句に妙に共感してしまいました。 

Re: 9月のまほろば句会 - まひる

2017/10/01 (Sun) 15:39:37

 まほろばの周囲はすっかり秋で、隣の田んぼでも、今日は稲刈りでした。庭の野菊も咲く準備ができ、あんなにたくさん咲いていたハイビスカスも堅いつぼみが2つ残っているだけになりました。     
 さて、選句です。

まひる選

○ブルーナの絵本の形や草の花
○蟋蟀に雪隠俳句といはれけり
○秋の川石なげつづけゐるふたり
○赤城嶺や夕日押し寄す稲の秋
◎こほろぎのビールケースや闇深し

ひろ選

○こおろぎのしつとしてゐぬ訪問者
○星月夜眠れぬ夜を数へけり
○210度視界良好秋登山
○真夜中のドアの気配やちちろ虫
◎母尋む花咲く里にちちろ鳴く

智水選

○こおろぎのじつとしてゐぬ訪問者
○こおろぎの姿なきまま闇の主
○ダウンするボクサーの目や秋夕焼
○秋の川石投げつづけゐるふたり
◎子の家の留守電音声つづれさせ

以上です。
気持ちいい日が続き、6つも7つも俳句を詠みたくなりますが・・・・・次回、がんばります!!

Re: 9月のまほろば句会 - 三毛猫

2017/10/07 (Sat) 23:14:01

中秋の名月、雲の中に見えましたね。今日は少し欠けている月が煌々と空にあります

選句です
〇猫の目を三角にせりちちろ虫
◎こほろぎのビールケースや闇深し
〇跳ねていけのこりわずかをちちろ虫
〇赤城嶺や夕日押し寄す稲の秋
〇真夜中のドアの気配やちちろ虫

以上です
宜しくお願いします

8月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/08/25 (Fri) 08:11:31

団扇持ち孫背負いて居眠りも
大いなるマストの彼方天の川
吾かつて浮かんでゐたり天の川
靴箱の靴の整然日雷

胸中の萩の風立つ朝かな
秋高し線路工夫のヘルメット
秋草の匂ひは少し寂しくて
よいつぶれどこにもいけない夏の虫

天地在り白衣観音天の川
波磨ぎしテトラポットや天の川
三線の余韻の闇や天の川
秋蝶の羽の動きの迷ひかな

星月夜かまち美術館を出でて
夕焼雲牛を引きだし歩ましむ
京ヶ瀬てふ銀河流るゝ無人駅
眼裏に永久に巡るや天の川

石材店並ぶ通りや花白粉
おほやうに風をかはして芭蕉かな
天の川バスを連ねてパンパ行く
綿のシャツ裏返しても汗を拭く

インドラの投げたる網や天の河
天の川少年の日の夜空見ゆ
東京を想ひし橋や銀河濃し
赤とんぼ牛伏山の背より風

銀漢の果ての果てなる常夜灯
星飛びて父母住む国と夫のいふ
天の川十八ねえや嫁にゆく
カザフ国銀河の果ての宇宙基地
寂寞と空群生のやなぎらん

昨夜はあんこちゃん、けんじさん、やすみさんが欠席で
投句数が少なくて寂しいですが選句よろしくお願いします。

次回は9月20日(水)で兼題は「蟋蟀」です。
句会終了時どこかからコオロギが出てきてぴょんぴょん
とんでいました。

Re: 8月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/08/27 (Sun) 11:26:57

的はずれなことを言ったら申し訳ないかなと鑑賞文をあまり載せなかったのですが素直にさらけ出します。私自身どんな言葉でも鑑賞していただけるのは嬉しいので。

もなか選

○吾かつて浮かんでゐたり天の川
 なんか不思議な句と思いましたが共感できるような気がしていただきました。胎内にいた頃のことのような曖昧模糊といった感じが「天の川」と合うと思いました。
浮かんでゐたりときっぱり言い切ったのが良いです。

◎三線の余韻の闇や天の川
 沖縄を思い浮かべました。那覇とかではなく八重山のどこかの島。数人が集まってお酒を飲むと誰かが必ず三線を弾いて歌い出す。そして宴を終え空を見上げると天の川がうっすらと。何とも言えない寂しさが闇に紛れていてとても悲しい。

○夕焼雲牛を引きだし歩ましむ
 暑かった一日の夕暮れ、牛をねぎらうために川原まで連れてゆき草を食べさせたり浅瀬に牛の足を入れ背中を洗ってやる。涼しい川音と美しい夕焼けのなかの素晴らしい時。

○石材店並ぶ通りや花白粉
 大谷石の町などにこんなこところがあるのでしょうか?硬くてなんとなく直線の多い角角した中の花白粉は爽やかでほっとします。店先の鉢植えでしょうか。
それとも店と店の間の小さな路地に自然に生えてきたような気もします。

○おほやうに風をかはして芭蕉かな
 ひと目見て気持ちのよい句。
あの雄々しい姿はいいですね。私は芭蕉会館の入り口の芭蕉を思い浮かべました。

Re: 8月のまほろば句会 紫泥

2017/09/01 (Fri) 21:08:42

お世話になりました。選んだ句は次の通りです。
〇吾かつて浮かんでゐたり天の川
 意味が分からないのですが、おとぎ話にでもあるような不思議な魅力を感じたので選びました。
〇波磨ぎしテトラポットや天の川
 大河の急流のテトラポットを思いました。地上にはテトラポットを置かないと浸食されてしまうような急流、見上げれば夜空の天の川。その対比と大きさに惹かれました。
〇秋蝶の翅の動きの迷ひかな
 タテハ蝶と見ました。時々途中まで広げて閉じてしまうことがあります。その動きを「迷い」と見た作者の心にも「迷い」があったのだと思いました。
〇寂寞と空群青のやなぎらん
 柳蘭の花を見たことはないのですが赤紫の美しい花だそうです。群青の空と赤紫の花、「寂寞」はどうかなとも思いましたが、高原の澄み切った空気の中なら「あり」と思い選びました。
◎三線の余韻の闇や天の川
 賑やかな宴会か何かから外れると、ばかばかしいような、寂しいような気持ちに襲われることがあります。今は三線の音も喧噪も聞こえていないのでしょうが、言葉にすると聞こえてきます。「余韻」と「闇」が生きていると思い選びました。沖縄でなくても三線はあるだろうとも。

Re: 8月のまほろば句会 - りょう

2017/09/02 (Sat) 11:03:38

九月に入りましたね-。想定外の天候続きで先日も短時間豪雨による増水で釣人が中洲に取り残されてしまいヘリコプタ-で救助されるという事件がありました。お一人は未だに行方不明です。
私の住む柳瀬川の上流で堤防には見事な曼珠沙花が咲く散歩コ-スでした。

選句しました。よろしくお願いいたします。

○秋蝶の羽の動きの迷ひかな
夏蝶の元気さがなくなった秋蝶のちょっと心細さがいいと思いました。

○おほやうに風をかはして芭蕉かな
上五の表現が効いていて大きな葉が見えてきます。

○赤とんぼ牛伏山の背より風
牛伏山は知らなくともこの字と名前から山の形が見えて来て赤とんぼの季語とともに秋の好日が感じられます。

○インドラの投げたる網や天の河
神話の世界が楽しい。異常気象はインドラの神が暴れているのでしょうか。

◎波磨ぎしテトラポットや天の川
上五中七の岸辺の表現が良いと思いました。季語は月とかの方が光と静寂感がより出るかもと感じました。

Re: 8月のまほろば句会 - 智水

2017/09/12 (Tue) 20:59:13

季節の変わり目ですね。このところ知り合いの訃報が続き滅入っています。怪我と病気は自分持ち。皆様もどうぞご自愛ください。

智水選
○大いなるマストの彼方天の川
○秋高し線路工夫のヘルメット
◎波磨ぎしテトラポットや天の川
○夕焼雲牛を引きだし歩ましむ
○おほやうに風をかはして芭蕉かな

まひる選
○三線の余韻の闇や天の川
○夕焼雲牛を引きだし歩ましむ
◎おほやうに風をかはして芭蕉かな
○赤とんぼ牛伏山の背より風
○寂寞と空群生のやなぎらん

ひろ選
○大いなるマストの彼方天の川
○秋高し線路工夫のヘルメット
◎秋蝶の羽の動きの迷ひかな
○天の川少年の日の夜空見ゆ
○銀漢の果ての果てなる常夜灯

以上です。
今月は蟋蟀ですね。
よろしくお願いします。

7月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/07/27 (Thu) 07:58:59

野辺送り影長く月見草咲く
月見草時間を間違えてゐたり
デモ開始時間蜻蛉集結す
半島の小さきホテル月見草

亡き夫を偲ぶ姿や月見草
蜩や何か忘れてゐるやうな
短夜やジンジャーエールは百五十円
草野球四番キャッチャー月見草

夫婦鳥逃げ込む川辺月見草
道を問ふ日本語拙き大暑かな
搾乳の父の十指や月見草
井戸今も水を湛えて黒揚羽

青柿の地に落ち潰さるるも在り
暗闇の純白の黙月見草
空蝉や母屋崩れてしがみつく
本当は私強いの月見草

恋人はドクター雷光に座す母
口上の唇あかし夏芝居
詩の時間ぽんぽんだりあ触れゆけり
水音や庭先に売る夏野菜

月見草風の話を聞く夜かな
気まぐれの向日葵ゐたり午后一時
生け垣に未練がましや月見草
懐に涼風いれて草を刈る

遠雷や音響シャイの犬のゆく
蜜豆や街の黄昏はじめたり
ぬばたまの夢見しからす瓜の花
針槐散り敷くエステサロンかな

アラクネのたはむれカラスウリの花
向日葵の裏を返せば棘のある
遠雷やうしろのしょうめんだあれ
月見草揺れて昭和の路地灯り

欠席投句はりょうさん、あんこちゃん、三毛猫さん。
やすみさんは夏やすみ。

私達にとって兼題の月見草は「なつかしい花」だったみたいです。難しかったです。

次回は8月24日(木曜日です)。
兼題は「天の川」です。

よろしくお願いします。

Re: 7月のまほろば句会 - あんこ

2017/07/30 (Sun) 11:28:00

こんにちは。いよいよ世間は夏休みになりつつありますね。
選句させていただきました。

○半島の小さきホテル月見草
由緒のあるホテルでしょうか。思い出もいろいろと想像できます。

○蜩や何か忘れてゐるやうな
蜩の声ってそういう感じありますよね。

◎搾乳の父の十指や月見草
働き者の父の指が見える感じがします。月見草が優しい。

○水音や庭先に売る夏野菜
水音が夏野菜の色を新鮮に一句の中で映しているようです。

○ぬばたまの夢見しからす瓜の花
一夜の夢、何となく艶っぽくも。

Re: 7月のまほろば句会 紫泥

2017/07/31 (Mon) 11:06:11

7月句会選句
梅雨明け宣言とともに梅雨のような雨。今日は晴れて今度は台風の心配。日本だけでなく世界中の異常気候。人の世だけでなく天候も狂っているようです。せめて俳句の世界に遊ぶくらいのゆとりがあっていいでしょう。
〇半島の小さきホテル月見草
〇井戸今も水を湛えて黒揚羽
〇空蝉や母屋崩れてしがみつく
〇向日葵の裏を返せば棘のある
◎月見草揺れて昭和の路地灯り

Re: 7月のまほろば句会 - りょう

2017/07/31 (Mon) 21:15:55

明日から八月ですね。かーっとした暑さでなく蒸し暑さが続いています。蝉は今でしょう!とばかり猛烈に鳴いています。一方でコスモスが咲き出しました。
選句しました。よろしくお願いいたします。

○草野球四番キャッチャー月見草
この月見草はきっと黄色ですね。草野球という感じが伝わって来きます。

○詩の時間ぽんぽんだりあ触れゆけり
ぽんぽんと詩も生まれてくるといいな~という明るさと幸せな時間を過ごしている姿が想像出来ます。

○月見草風の話を聞く夜かな
この月見草は白い月見草の感じがします。風の話は童話でしょうか。そんなやさし伝わって来ます。

○ぬばたまの夢見しからす瓜の花
烏瓜のレ-スのような花がとても効いている。

◎蜩や何か忘れてゐるやうな
晩夏のころの微妙な心持ちがとてもよく伝わって来て共感出来ました。



Re: 7月のまほろば句会 - まなかもなか

2017/08/01 (Tue) 14:44:43

日曜日は蜩の伊香保温泉へ行ってきました。
そのうち霧の伊香保に・・・。
季語には事欠かないのだけれど句にするのは難しいです。

もなか選

○半島の小さきホテル月見草

○草野球四番キャチャー月見草

○月見草風の話を聞く夜かな

○月見草揺れて昭和の路地灯り

◎水音や庭先に売る夏野菜







Re: 7月のまほろば句会 - 三毛猫

2017/08/04 (Fri) 22:42:15

蒸し暑くてあまりパットしない日々が続いてますね。”夏”といった空にはなんだか物足りません。
しばらくまほろば句会に出席できる日に当たらなかったのですが、8月は出席できそうで楽しみにしています

選句です
〇半島の小さきホテル月見草
〇懐に涼風入れて草を刈る
◎ぬばたまの夢みしからす瓜の花
〇水音や庭先に売る夏野菜
〇詩の時間ぽんぽんだりあ触れゆけり

宜しくお願い致します。

Re: 7月のまほろば句会 - 智水

2017/08/15 (Tue) 19:26:42

終戦の日が雨なんて、ほとんど記憶にありません。夏の甲子園も雨天順延。前橋育英×明徳学園が予定されていました。頑張れ育英。
ということで、遅くなりましたが選句です。

智水選

〇デモ開始時間蜻蛉集結す
(プラカードの林立する様かと思いましたが、実景としての蜻蛉だそうです。)
◎道を問ふ日本語拙き大暑かな
(たぶん欧米人ではありませんね。昔、英語で尋ねられたことがあります。アメリカ人でした。)
〇井戸今も水を湛えて黒揚羽
(炎暑の古井戸に映る青空と黒揚羽。お見事です。)
〇空蝉や母屋崩れてしがみつく
(空き家の大きな農家。蝉が羽化する時間が感じられます。)
〇蜜豆や街の黄昏はじめたり
(縁日でも始まるのでしょうか。甘いときめきが街を包んでいますね。)

まひる選

〇蜩や何か忘れてゐるやうな
〇搾乳の父の十指や月見草
〇空蝉や母屋崩れてしがみつく
〇ぬばたまの夢見しからす瓜の花
◎針槐散り敷くエステサロンかな

ひろ選

〇亡き夫を偲ぶ姿や月見草
〇搾乳の父の十指や月見草
◎詩の時間ぽんぽんだりあ触れゆけり
〇月見草風の話を聞く夜かな
〇蜜豆や街の黄昏はじめたり

以上です。

6月のまほろば句会 まなかもなか

2017/06/22 (Thu) 10:53:23

噴水の飛沫意味無く受けにけり
ガーベラ真っ赤有耶無耶の恋ひとつ
高層階カクテルの色の熱帯魚
山頂を穏やかにしてかき氷

空の雲代田の風の中に揺れ
噴水や子供遊べぬ小公園
松手入れ印半纏青い空
噴水の妖精もお休み定休日

廃業の焼き肉「なるみ」更地かな
ボヘミアの石畳踏む白き靴
菩提樹の花のほろほろ義兄の忌
刺青のごとき雷競技場

ポケットのくたびれてゐしソーダ水
梅雨傘の色とりどり帰り道
噴水や足跡の点点点
静けさを内に潜めたるトカゲかな

噴水の息絶へ絶へに昼静か
草いきれ虫取り網の二つゆく
老鶯や磨きあげらる消防車
スプーンの牛乳膜や梅雨深し

ケシゴムで消したき日あり梅雨に入る
噴水の空なりどの子にも希望
大西日ドミノたちまち倒れだす
消えさうな噴水のまた立ち上がる

幾重にも音はねかえし遠蛙
揚羽蝶シフォンケーキとレモンティー
やまぼうし白から移り紅になり
若き日の卓上噴水枯れにけり

噴水や脱ぎ捨てし靴五つ六つ
噴水の割れてアルハンブラの青
ラジオより昼の音楽半夏雨
雲の峰崩るをのこの阿修羅顔

噴水へ星座のやうな歌声よ
噴水の中心にある渇きかな
噴水の空濡れてゐる光かな
噴水やミクロの光戴きぬ

噴水や崩れ落して人の世は
紫陽花の窓アールグレイのただよふ
噴水を背に黙座せり老夫婦
爪立ちて枇杷とる母や指細し

兼題「噴水」でいろいろな噴水を味わいました。
外国で出会った噴水はきっと満ち足りた思い出とともに今もきらきらとしていることと思います。

次回は7月の第4水曜日26日です。
兼題は「月見草」です。
お待ちしてます。

Re: 6月のまほろば句会 - あんこ

2017/06/26 (Mon) 17:44:54

こんにちは。
随分暑くなってきましたね。
今回もいい句が多くて迷いました。
どうもありがとうございました。

○ポケットのくたびれてゐしソーダ水
意外な発見と季語の取り合わせのよさ。

○噴水の空なりどの子にも希望
眼差しが好きです。

○消えさうな噴水のまた立ち上がる
言葉のスケッチ力がすごいです。

◎噴水の割れてアルハンブラの青
美しい発想の飛躍。

○雲の峰崩るをのこの阿修羅顔
この発想の飛躍も惹かれます。

Re: 6月のまほろば句会 - りょう

2017/06/27 (Tue) 09:22:26

おはようございます。
今朝もじっとりじとじとの梅雨空です。
30日は「夏越の祓え」ですね。川越の熊野神社に大きな茅の輪が特設されているとの事で「茅の輪」くぐりをして来ようと思っています。穢れを落とし健康を祈願して来ます。
遅くなりました。選句しましたのでよろしくお願いいたします。


○ガーベラ真っ赤有耶無耶の恋ひとつ
くっきりとした赤と有耶無耶の取り合わせが面白い。

○菩提樹の花のほろほろ義兄の忌
ほろほろの表現で花の香りも伝わってきました。

○ケシゴムで消したき日あり梅雨に入る
季節はどんどん変って行く中変えられない一日がある。共感有

○噴水の空なりどの子にも希望
どの子にも幸せな子供時代を経験して欲しいです。

◎噴水の割れてアルハンブラの青
あのアルハンブラ宮殿のアラベスク模様が噴水の割れた瞬間に見えた。旅の余韻があるのでしょうかステキです。

Re: 6月のまほろば句会 紫泥

2017/06/28 (Wed) 12:39:05

6月の句会
お世話になりました。昨日貧血(立ちくらみ)で倒れ、肋骨二本骨折してしまいました。躓いて転ばないよう注意はしていたのですが、貧血は想定外でした。選句は次の通りです。
〇空の雲代田の風の中に揺れ
〇噴水の息絶へ絶へに昼静か
〇ケシゴムで消したき日あり梅雨に入る
〇噴水の割れてアルハンブラの青
◎噴水や崩れ落して人の世は

Re: 6月のまほろば句会 まなかもなか

2017/06/29 (Thu) 10:50:23

紫泥さん、大変だったですね。
しばらくは安静にしていないとダメなのですか?
肋骨だと咳をしたりくしゃみをしたら痛そうですね。
この上夏風邪など引きませんように気をつけてください。
ご自愛くださいませ。

あんこちゃん、りょうさん選句ありがとうございます。
どうか皆さまお身体を大切にしてください。

もなか選
○大西日ドミノたちまち倒れだす
○消えさうな噴水のまた立ち上がる
○若き日の卓上噴水枯れにけり
○噴水の背に黙座せり老夫婦
◎老鶯や磨きあげらる消防車

やすみ選
○ガーベラ真つ赤有耶無耶の恋ひとつ
○菩提樹の花のほろほろ義兄の忌
○ラジオより昼の音楽半夏雨
○噴水の中心にある渇きかな
◎噴水を背に黙座せり老夫婦

Re: 6月のまほろば句会 - まひる

2017/06/29 (Thu) 12:06:16

 梅雨本番だというのに、今日も晴れ間が広がりそうです。
紫泥さん、大変な目にあいましたね。肋骨の骨折は安静に、というのが治療とお聞きしました。お大事にしてくださいね。
昨日、磯部せんべいの社長さんがせんべいのみみをたくさん持ってきてくださいました。小鳥のえさに、ということでしたが、食べてみると美味しいこと!!小鳥の気分です。

まひる選

○空の雲代田の風の中に揺れ
 今まさに榛東村はこの景色の真っ最中。豊かな気分になりま す。田んぼの水の鏡のような平安が伝わってきます。
○刺青のごとき雷競技場
 かみなりではなく「いかずち」が相応しい、そうおもわせる 刺青という形容。おもしろいですね。
◎大西日ドミノたちまち倒れだす
 「大」という言葉は不思議ですね。西日の当たる都会の部屋 が不思議な空間になります。まるで大友克洋の世界のようで す。
○噴水の息絶へ絶へに昼静か
 真夏の噴水の様子、時の止まったような世界が見えてきま  す。 
○噴水や崩れ落して人の世は
 作者は何を言いたいのでしょう?不自然な途中止めがまた妄 想をかき立てます。

智水選

○刺青のごとき雷競技場
○ポケットのくたびれてゐしソーダ水
○噴水の中心にある渇きかな
○爪立ちて枇杷とる母や指細し
◎噴水の割れてアルハンブラの青

ひろ選

○空の雲代田の風の中に揺れ
○草いきれ虫取り網の二つゆく
○幾重にも音はねかえし遠蛙
○噴水や脱ぎ捨てし靴五つ六つ
◎高層階カクテルの色の熱帯魚

以上です。湿度の多い日が続きます。皆様、ご自愛を。

Re: 6月のまほろば句会 紫泥

2017/07/04 (Tue) 00:13:50

真中様
余分なことを書いてしまい、申し訳ありません。昔で言えば、「ひびが入った」という程度です。ご心配をおかけしました。一週間経って、少し痛みがおさまってきました。自然治癒を待つだけです。

Re: 6月のまほろば句会 - けんじ

2017/07/09 (Sun) 20:40:06

今晩は。選句遅くなってすみません。
よろしくお願いします。

○ボヘミアの石畳踏む白き靴

○刺青のごとき雷競技場

◎老鶯や磨きあげらる消防車

○大西日ドミノたちまち倒れだす

○噴水の割れてアルハンブラの青

Re: 6月のまほろば句会 - 三毛猫

2017/07/25 (Tue) 21:56:22

ぎりぎりの選句でスミマセン
明日は7月の句会ですね。
またまた仕事で欠席投句します
どうもペースがぐうたらで申し訳ありません

〇高層階カクテル色の熱帯魚
〇噴水や足跡の点点点
◎噴水や脱ぎ捨てし靴五つ六つ
〇噴水の割れてアルハンブラの青
〇噴水や崩れ落として人の世は

いろいろな噴水があって楽しいですね

必ず尊敬されるのは死んでいった兵士 - うさぎ777

2017/07/08 (Sat) 15:40:22

必ず尊敬されるのは死んでいった兵士

http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p003.html#page119

その訳は、「死人に口なし」だからだった。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p032.html )

( 個人的意見 )

無題 まなかもなか

2017/05/25 (Thu) 11:24:52

シバザクラとなり鮮やかうちになし
短夜や岩波文庫の金の紐
声なくて人の気配や麦の秋
短夜や栞の少しはみ出せり

真夜中に目覚め私と冷蔵庫
ねじばなのねじれて天へのぼりゆく
明易しメニューのひとつナポリタン
短夜や絵本読みゐる電話口

眠れぬ夜ナメクジ一つ捨てにゆく
短夜や朝つゆふんで草刈りに
短夜や小林秀雄読み返す
渋滞にゐて短夜のスカイツリー

短夜の眉整ふる鋏かな
草取の人を横目に北鎌倉
青葉潮遠き眼をして黙す人
石棺や古墳の穴の袋蜘蛛

老人の眠りきれぎれ明易し
虎が雨狂女座りし石の上
花大根空家ばかりがにぎやかに
明易し村内放送熊注意

晶子忌の石にぶつかる流れかな
逆光の写真の中の浴衣かな
短夜の流しに浸かる食器かな
短夜や野仏いまだ瞑目す

初夏の選挙応援ビルの風
句会終へ萬代橋の夕薄暑
メレンゲに堅き角あり明易し
葱ばうずかつてなまでに倒れこむ

明易し鳥の声する笹の家
飛魚の飛ぶ打楽器のやうに飛ぶ
薫風や大学ノート三冊目
皆同じ角度で揺るる夏帽子

パドックの杭に掛かれる夏帽子
ほろ酔ひの一人二役緑の夜
風青し型枠大工鉄を切る

以上が昨夜の投句作品です。
選句よろしくお願いいたします。

次回のまほろば句会は6月21日(水)です。
兼題は「噴水」です。
来月もよろしくお願いいたします。

Re: 6月まほろば選句しました。 - あんこ

2017/05/29 (Mon) 22:03:10

いつもありがとうございます。
今回もよい句が多くて、楽しかったです。
急に暑い日々ですが、みなさまお体に気を付けてくださいね。

○短夜や岩波文庫の金の紐
物語が短く暑い夜に連れてゆく世界がいいです。

○明易しメニューのひとつナポリタン
オールで遊んだ後でしょうか。夜勤明けでしょうか。
ちょっとくたくたな懐かしいケチャップ味のような気がします。

○短夜の眉整ふる鋏かな
丁寧に真剣にやっているんでしょうね。
ひそやかな濃い時間です。

○石棺や古墳の穴の袋蜘蛛
古墳の守り神のよう。

◎晶子忌の石にぶつかる流れかな
晶子の情熱のようで、シンプルな内容なのに、
季語でダイナミックに飛んでいます。


5月まほろば句会 - りょう

2017/05/31 (Wed) 20:01:24

5月は毎年体調を崩していたのですが、今年はうまくやり過ごせそうと思っていましたら風邪を引いてしまいました~がっかりデス。町内会の会費集金も無事済みそろそろらっきょうも漬けたいなと思っています。
選句しました。よろしくお願いいたします。

○真夜中に目覚め私と冷蔵庫
この感じ良く分かります。

○石棺や古墳の穴の袋蜘蛛
石棺と袋蜘蛛の季語の取り合わせがよい。

○飛魚の飛ぶ打楽器のやうに飛ぶ
打楽器のように飛ぶは作者の発見 なるほどと納得です。

○皆同じ角度で揺るる夏帽子
夏帽子で想像が広がる。季語は動かない。

◎ほろ酔ひの一人二役緑の夜
一人二役っていったい何をしているのだろうか。いづれにしても楽しんでいる作者。緑の夜が清々しく気持ち良い。ましてほろ酔いだし。幸せな感じがする。

Re: 無題 まなかもなか

2017/05/31 (Wed) 21:24:47

 あんこちゃんありがとうございます。
あんこちゃんの選に今回も新人のやすみさんの句が2句入っててやすみさん、大喜びです。
 りょうさん、風邪ですか(;_;)町内会費の集金すんで良かったです。
 私も昨日はなんだかだるくて午前も午後も寝ていました。今日は日帰り温泉と道の駅で農産物の買い物。
青梅がもう出ていました。
玉ねぎかと思ったらまだ青い茎の残ったにんにくが3個で350円!

 もなか選です。

○渋滞にゐて短夜のスカイツリー
渋滞というとついイライラしてしまいそうですが
短夜の渋滞を楽しんでいるような感じで好きです。

○短夜の眉整ふる鋏かな
静かな夜更けにふと引き出しの奥から小さな鋏を取り出す。短夜と銀色に光る鋭利なものの取り合わせが面白いです。

○明易し村内放送熊注意
早朝から村の有線放送が鳴り出し熊目撃の速報。
緊張感が走ります。

○風青し型枠大工の鉄を切る
風青しの季語と鉄の取り合わせが好きです。

◎石棺や古墳の穴の袋蜘蛛
石棺と袋蜘蛛の取り合わせが好きです。
片方は亡くなった人が、片方は生きてます。

そうそう麦畑がいま黄金色!今週末には刈り取られてしまうかも。
茅花も風に揺れていました。

Re: 無題 - 三毛猫

2017/06/04 (Sun) 23:09:02

今晩は
ようやくパソコンを立ち上げる時間ができました。
先月も投句を失念しておりまして・・・・
今月こそと思ってます
選句です
〇飛び魚の飛ぶ打楽器のやうに飛ぶ
◎皆同じ角度で揺るる夏帽子
〇昌子忌の石にぶつかる流れかな
〇ほろ酔ひの一人二役緑の夜
〇短夜や野仏いまだ瞑目す
以上ですよろしくお願いします

Re: 無題 - けんじ

2017/06/12 (Mon) 21:43:20

今晩は。選句遅くなってすみません。
よろしくお願いします。

〇真夜中に目覚め私と冷蔵庫

〇石棺や古墳の穴の袋蜘蛛

〇短夜の流しに浸かる食器かな

〇メレンゲに堅き角あり明易し

◎パドックの杭に掛かれる夏帽子

Re: 無題 - 智水

2017/06/13 (Tue) 14:02:15

ようやく田植えが終わりました。遅くなりましたが選句です。

智水選

〇声なくて人の気配や麦の秋
〇渋滞にゐて短夜のスカイツリー
〇石棺や古墳の穴の袋蜘蛛
〇逆光の写真の中の浴衣かな
◎飛魚の飛ぶ打楽器のやうに飛ぶ

まひる選

〇短夜や岩波文庫の金の紐
◎渋滞にゐて短夜のスカイツリー
〇句会終へ萬代橋の夕薄暑
〇皆同じ角度で揺るる夏帽子
〇パドックの杭に掛かれる夏帽子

ひろ選

◎声なくて人の気配や麦の秋
〇石棺や古墳の穴の袋蜘蛛
〇短夜の流しに浸かる食器かな
〇明易し鳥の声する笹の家
〇風青し型枠大工鉄を切る

やすみ選

〇短夜や栞の少しはみ出せり
〇眠れぬ夜ナメクジ一つ捨てにゆく
◎老人の眠りきれぎれ明易し
〇メレンゲに堅き角あり明易し
〇ほろ酔ひの一人二役緑の夜

Re: 無題 紫泥

2017/06/21 (Wed) 14:47:13

本当に遅れて済みません。本日の句会を前に選句を書き込んでないことに気づきました。次の通りです。
◎短夜や栞の少しはみ出せり
〇短夜の眉整ふる鋏かな
〇虎が雨狂女座りし石の上
〇明け易し村内放送熊注意
〇飛び魚の飛ぶ打楽器のやうに飛ぶ

4月のまほろば句会 まなかもなか

2017/04/20 (Thu) 11:28:15

昨夜は出席者8名でいつもの場所の椅子が全部埋まりました。
佳句がたくさん集まりました。
高得点句から開けていくと欠席投句ばかりといういつものパターン。
でもめげずに和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

山吹のつぼみほつほつ水の音
精霊の声のしてゐる青き踏む
山吹の香に立つ乙女闇しづか
山吹の花のこぼれて風に浮く

わが町の歴史マップや濃山吹
始祖鳥の羽ばたく化石花の塵
早朝に石を噛んでるとかげかな
山吹の花言葉にはおさまらず

桜には無情の風の吹く一ト日
マラカスのリズム桜吹雪かな
山吹の遊び上手や背戸の川
それぞれに向きあり桜蘂降れり

山吹の光芒眼貫けり
凧糸の捉へてをりし風の息
軟化せし石のオブジェや春の昼
桜蘂降る娼妓達の墓

花の夜部品に星のかたちかな
ふぞろいの土筆のびのびグランドに
散る花の光と影になりながら
山吹の不意に途切れて造成地

山吹のひとひら背なに猫帰還
光芒は神の光輪花曇
はるかより雲湧く朝つがひ蝶
春愁やエレベーターの地下階へ

矢車や耕す人のなき田圃
賽銭箱のハイテク仕様風光る
堰の辺に山吹ゆれて通り雨
崖上の見知らぬ町や暮の春

青空へ間欠泉の宙返り
あくびして花を見に行く時間かな
花屑を飛び飛び飛んで小さき足
迸る湧き水を手に濃山吹

春嵐マルチは天に昇りけり
春落葉地に触るる音転ぶ音
山吹のみな平らかに広がりぬ
杖をつく己の影や夏隣 

山吹にたぶらかされて森深し
春の月猫の鈴音微かなり
春愁や艶々とある力石
濃山吹風の輪唱してゐたり

クーラー音消えて水もれの音に
花の風一片こんなところまで
患部押す若きドクター花満つる
白山吹の背に親王おはす

以上44句です。投句よろしくお願いします。

次回は5月24日(水)で兼題が「短夜」です。
来月もよろしくお願いいたします。

Re: 4月のまほろば句会 - りょう

2017/04/25 (Tue) 20:24:35

若葉の気持ちの良い季節になりましたね。今週末からはいよいよゴ-ルデンウィ-クも始まりますね。毎日が日曜日でも世の中がお休みだと予定は無くともより休日感が強まります。
選句しました~。佳句が多く結構悩みました。

○花の夜部品に星のかたちかな
季語との取り合せも良く童話のように楽しい。

○はるかより雲湧く朝つがひ蝶
気持ちよい一日になりそうな予感。

○賽銭箱のハイテク仕様風光る
季語でぐっと気持ち良い風景。

○花屑を飛び飛び飛んで小さき足
中七で楽しんでいる動き声までも聞こえて来る。

◎濃山吹風の輪唱してゐたり
山吹をよく見ていると少しの風にも揺れている。輪唱と捉えた感覚は素敵です。

Re: 4月のまほろば句会 - あんこ URL

2017/04/25 (Tue) 20:47:38

すっかり春も終わりに近づいているようで、
周りは花水木と躑躅で華やかです。
今回もいい句が多くて、楽しかったです。
ありがとうございました!

○早朝に石を噛んでるとかげかな
とかげの低い動き、不気味さが「石を噛んでる」で感じられました。

○それぞれに向きあり桜蘂降れり
当たり前かもしれないけれど、言われてみればなるほどです。

○凧糸の捉へてをりし風の息
風に息があるっていいですね。しかも凧糸の響きで感じたというのがいいです。

○桜蘂降る娼妓達の墓
悲しいけど、弔いのようでもあります。

◎あくびして花を見に行く時間かな
ゆったりとした詠み方、ゆったりとした世界の捉え方。
何とも魅力的です。

最後にすみません、今回も宣伝させてくださ~い!
現在、毎週木曜日20時半からNHK第2ラジオで放送中の
「俳句の変革者たち~正岡子規から俳句甲子園まで」の
第3回で私の俳句「白菜をきれいな水の過ぎにけり」を
紹介いただいているそうです。
インターネットなら、下記HPで聴けます。
http://www4.nhk.or.jp/P1929/29/

ラジオ再放送なら第3回は27日(木)午前10時~です。
番組の内容自体、面白いので、よろしければぜひぜひ★

Re: 4月のまほろば句会 まなかもなか

2017/04/26 (Wed) 10:26:07

りょうさん、あんこちゃん早速の選句をありがとうございます。
あんこちゃん明日の10時ですね。聞きますね♪

新人のやすみさんの句をりょうさん、あんこちゃんともに一句ずつ採ってくださって嬉しいです。

あんこちゃんの特選あくびして・・・と石を噛んでる蜥蜴はヒロさんの句です。
ヒロさん喜んで~~

もなか選

○わが町の歴史マップや濃山吹
 山吹はふだんはあまり目に止まらないのですが咲くとはっとします。
 わが町の歴史もふだんは気にもとめないもので季語とマッチした句と思いました。

◎花の夜部品に星のかたちかな
 やわらかで艶っぽい花の夜に硬質な感じのする「部品」という言葉にはっとしました。でもその固いものは星のかたちをしている。ネジか何かが星の形をしているのかしら?
 「かたち」がひらがななのもいいのでしょうね。

○賽銭箱のハイテク仕様風光る
 これは玉村八幡宮ですね。近づくといきなり雅な曲が流れだしびっくりしました。雅でない私は賽銭泥棒よけかななんて疑ったり、その間に佳句をものにしましたね!

○迸る湧き水を手に濃山吹
 清冽な流れのかがやきと濃い黄色の山吹のかがやきが目に浮かびます。谷のそこだけが明るい。

○杖をつく己の影や夏隣
 夏に向かって杖をつき大地にすっくと立っている男、つよい意思を感じました。

Re: 4月のまほろば句会 - 智水

2017/05/05 (Fri) 12:03:32

GW真っ最中ですね。青葉を求めて吟行には絶好のお天気です。さっき、苗代に水を張ってきました。以下、選句です。

智水選

◎花の夜部品に星のかたちかな
○山吹のひとひら背なに猫帰還
○青空へ間欠泉の宙返り
○春嵐マルチは天に昇りけり
○花の風一片こんなところまで

まひる選

○花の夜部品に星のかたちかな
○それぞれに向きあり桜蘂降れり
○あくびして花を見に行く時間かな
○山吹のみな平らかに広がりぬ
◎春愁や艶々とある力石

ひろ選

○山吹の花言葉にはおさまらず
○散る花の光と影になりながら
◎光芒は神の光輪花曇
○矢車や耕す人のなき田圃
○杖をつく己の影や夏隣 

やすみ選

○わが町の歴史マップや濃山吹
◎山吹の遊び上手や背戸の川
○山吹の不意に途切れて造成地
○花屑を飛び飛び飛んで小さき足
○山吹にたぶらかされて森深し

千聖選

◎始祖鳥の羽ばたく化石花の塵
○軟化せし石のオブジェや春の昼
○花の夜部品に星のかたちかな
○崖上の見知らぬ町や暮の春
○花の風一片こんなところまで

Re: 4月のまほろば句会 まなかもなか

2017/05/05 (Fri) 23:37:32

智水さん こんばんは。
やすみさん、千聖さんの選をアップしていただきありがとうございます。

もうそちらは田植えの準備ですか。早いですね。
こちらは麦の穂が出揃いました。と思っていたら
夕日を浴びた麦の穂は心もち黄色味をおびていました。

お米が終わりそうです。どうしよう~。
近いうちに伺います。

Re: 4月のまほろば句会 まなかもなか

2017/05/06 (Sat) 10:20:22

おはようございます。
変なメールが入ってしまいましたが気にしないようにしましょうね。

Re: 4月のまほろば句会 紫泥

2017/05/12 (Fri) 20:27:38

またまた遅くなりました。選句次の通りです。
〇それぞれに向きあり桜蘂降れり
〇はるかより雲湧く朝つがひ蝶
〇春落葉地に触るる音転ぶ音
〇山吹にたぶらかされて森深し
◎春愁や艶々とある力石

Re: 4月のまほろば句会 - けんじ

2017/05/17 (Wed) 20:28:24

今晩は。選が大変遅くなり申し訳ありません。
よろしくお願いします。

〇始祖鳥の羽ばたく化石花の塵

〇軟化せし石のオブジェや春の昼

〇花の夜部品に星のかたちかな

◎崖上の見知らぬ町や暮の春

〇濃山吹風の輪唱してゐたり

無題 - 衝撃の事実拡散

2017/05/06 (Sat) 00:36:44

衝撃事実拡散

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

自然災害だけじゃなく、人工知能を使って地球上の全ての人を監視盗聴し、悪さをした人や、創価に歯向かった人を、相手に覚られないように、病気にしたり、痛みを与えたり、家庭不和にして災いを与えます

この世の痛み、病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、ありとあらゆる、ほぼ全ての災いを、人工知能を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが米国防総省です。 この犯罪は、米国がやってる犯罪です

CIAが創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪

CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに(12月22日)、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した「700番」て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生

集団ストーカーの黒幕も米国の諜報で、総括してるのが米国防総省。人工知能を使って、遠隔から人を操り、あたかも集団でスト一カーしてるように思わせてるだけ

特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、人工知能が定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

人エ知能を悪用した奴に厳しい罰則を与えるような法整備や、多国間での取り決めをしないと、アメリカが人工知能を使って、これからもやりたい放題やります

犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます


http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=42

https://shinkamigo.wordpress.com


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.